ランドセルとポリタンク (支援キャンペーン)

日本の子どもがランドセルを背負って学校へ行く朝、世界にはポリタンクを背負って遠い水たまりまで何度も往復する子どもがいます。清潔な水が確保できないという状況は、日本人には想像しにくいのではないでしょうか。この作品では、日本の児童と途上国の児童を対比し、水のない地域では教育の機会も奪われるという現実を分かりやすくかつ強く訴えかけることで、ウォーターエイドジャパンの活動とその存在を広く周知していきます。

●支援団体:ウォーターエイドジャパン
●広告会社:電通北海道
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

SE 「おはよう!」・・・など日本の通学路から聞こえる音
ナレーション 日本の子供がランドセルを背負う朝。
世界には、ポリタンクを背負い、遠く離れた水場へと、1日に何度も往復もする子供たちがいます。
水を確保するために学校へいけない。そんな子供を減らさなきゃいけない。
すべての人に、清潔な水を。
ウォーターエイドジャパンに、ご協力ください。
CI ACジャパンはこの活動を支援しています。

新聞広告

ランドセルとポリタンク
(マウスをのせると拡大します)