話すことは、つらい思いを放つこと (支援キャンペーン)

事件が解決しても犯罪被害者の方は事件の記憶から離れられなくて、前に進めずに苦しんでいる人が少なくありません。誰にも言えず、がんじがらめになっている被害者の方にとって、少しずつ糸を解いていくきっかけになればと思い制作しました。まずは電話で悩みや不安を話すことが「つらい思い」を解き放つことになり、前を向く第一歩につながることを伝えます。ナレーションは浅野温子さんにお願いしました。

●支援団体:全国被害者支援ネットワーク
●広告会社:大広 大阪本社
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

女性 「どうしたらいいの...」
男性 「一生、忘れられない...」
ナレーション
(浅野温子さん)
いま、あなたが犯罪の被害で苦しんでいるならお電話ください。
私たちは、全国被害者支援ネットワーク。
面談や、カウンセリング、つき添いを通じて、被害者の方を支援しています。
話すことは、つらい思いを放つこと。
0570-783-554 なやみ、ここよ まで。お電話ください。
CI ACジャパンはこの活動を支援しています。

新聞広告

話すことは、つらい思いを放つこと
(マウスをのせると拡大します)