いってきます!をすべての人へ (支援キャンペーン)

盲導犬の存在や白杖の使用は、決して特別なことではありません。この作品は、それらが当たり前の日常を描き、さまざまな人たちの「いってきます!」を重ねていくことで、「自由に外出する」ということが、誰の人生にとっても非常に重要であると感じられたらと企画されました。視覚障がい者の皆さんが自由に外出できるよう、周囲の人々が働きかけたくなるような表現を目指しています。

●支援団体:日本盲導犬協会 (日本盲導犬協会のサイトを見る)
●広告会社:博報堂
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

ナレーション 誰も予想しなかった日常の中で、
私たちは、気がついた。
外に出かけられることは、とても幸せなこと。
SE
女子高生
男性
男の子
ガチャ(ドアを開ける音)
いってきます
いってくんね
行ってきまーす!
ナレーション 世界が動き出す、そのとき、
取り残されてしまう人がいないだろうか。
例えば、目の見えない人、見えにくい人も、
安心して出かけられるだろうか。
SE
SE
ガチャ(ドアを開ける音)
ザワザワ(風の音や鳥の声)
男性 いってきます!
ロビン、ストレートゴー。
SE クウン(犬の声)
ナレーション いってきます!をすべての人へ。
日本盲導犬協会は、
盲導犬や白杖の歩行指導を無償で行っています。
ナレーション ACジャパンは、この活動を支援しています。

新聞広告

命の水、命がけの水
(マウスをのせると拡大します)