「生きたい」と願う人がいる (支援キャンペーン)

出演していただいた中川翔子さんは、9歳の時に白血病でお父さんを亡くされました。いつも明るく笑顔の印象がある中川さんですが、この作品では自身の経験や思いを真摯に語っていただきました。彼女の言葉や眼差しは、見ている方の心に訴えかける力強いメッセージになるのではないかと思います。


●支援団体:日本骨髄バンク
●広告会社:三晃社
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM

ラジオCM

 
BGM
中川翔子さん 中川翔子です。
私は9歳の時、父を白血病で亡くしました。

もっと生きたかっただろうなって…
父の年齢を越えて、より強く思うようになりました。

今この瞬間も、父と同じように「もっと生きたい」と骨髄移植を待っている人が
年間3千人以上もいます。

まだまだドナーの数が足りません。あなたの力を貸して下さい。

生きたいと願う人の、希望になってもらえませんか
ナレーション 骨髄バンクにドナー登録を。登録は献血ルームや保健所で。
CI ACジャパンはこの活動を支援しています。

新聞広告

「生きたい」と願う人がいる
(マウスをのせると拡大します)