被災の声を、日々の備えに。(九州地域キャンペーン)

ここ九州でも毎年のように大きな災害が起こっています。「日頃から備災意識を持つことで、未然に防げることもある」この当たり前のことを「誰に言われたら」耳を傾け行動してもらえるか?それは被災者の生きた言葉なのではないでしょうか。このキャンペーンは、被災者の様々な体験からの教訓を共有することで、災害への関心を呼び起こし、防災・減災に向けた行動に移すきっかけになればと企画されました。ナレーションは落語家の三遊亭小遊三さんにご協力いただいています。

●テーマ:災害に備えて、いまできること
●広告会社:大広九州
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞 他

テレビCM

ラジオCM

ナレーション あの日、災害がくるなんて思わなかった。
九州北部豪雨で被災された、井手さん。
井手さん 自然をなめたらいかんと。
そのためにも早めの避難。
ナレーション 熊本地震で被災された、矢毛石さん。
矢毛石さん 家具を固定しておいたのがよかったです。
ナレーション 下田さん。
下田さん 開けてすぐ食べれるものを
やっぱり常に置いておかないと。
ナレーション 令和2年7月豪雨で被災された、中村さん。
中村さん 避難場所まで確認しておけばよかったなと。
ナレーション 光永さん。
光永さん これから先大事にしていきたいなと思っています。
人とのつながりを。
ナレーション 被災地の声を未来に活かそう。
CI ACジャパン
(ナレーション:三遊亭小遊三さん)

新聞広告

いつか来る日のために
(マウスをのせると拡大します)