いのちを守る切り札(中四国地域キャンペーン)

2018年の西日本豪雨は甚大な被害をもたらしましたが、住民が協力して防災をおこなうことで、犠牲者が出なかった地域もあります。愛媛県大洲市三善地区は、内閣府の指導で、住民の意見を反映させた「災害・避難カード」を作成。西日本豪雨では、迅速で的確な避難に繋がりました。このキャンペーンでは、同じ愛媛県出身の水樹奈々さんにナレーションのご協力をいただき、三善地区の「災害・避難カード」を、「切り札」として紹介。地域で連帯して防災に取り組む大切さを発信しています。

●テーマ:防災
●広告会社:セーラー広告
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞

テレビCM

ラジオCM

ナレーション
(水樹奈々さん)
愛媛県大洲市三善地区は、
西日本豪雨で大きな被害に遭いながらも、
1人の犠牲者も出さなかった町です。
今日は防災訓練。
住民の方 山田さん、避難しようやー
カード忘れたらいかんよ
集まった人からカード見せてやー
ナレーション
(水樹奈々さん)
みなさんが持っているのは「災害・避難カード」 。
そこには、避難ルートや気にかける人、家族のことが書かれています。
みんなで話し合って、みんなで作ったカードが
いのちを守る切り札になったのです。
住民の方 このカードのおかげやねぇ。
ナレーション
(水樹奈々さん)
あなたの町にも、いのちを守る切り札を。
CI ACジャパン

新聞広告

防念会やろう。
(マウスをのせると拡大します)