食品ロスチラシ(全国キャンペーン)

日本でも問題になっている食品ロス。その約10分の1にあたる64万トンは、スーパーなどの小売店で発生したものです。その事実を、スーパーの特売チラシに見立ててコテコテに表現しました。絶大なインパクトとユーモアあふれるその出来は本物と見間違うほど。小売店や企業の問題と捉えられがちな食品ロスですが、私たち消費者が、賞味期限・消費期限の近い商品から購入することでも対策になると訴えます。
●テーマ:サステナブルな未来を ~さあっ動きだそう。~(食品ロス)
●広告会社:JR西日本コミュニケーションズ
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM(60秒)

ラジオCM

♪~ スーパー店内BGM
おじさん いらっしゃい、いらっしゃい。さぁもったいない、もったいないよ。
牛乳がなんと 4,723 トン!!
お豆腐がまさかの 4,148 トン!!
魚肉加工品が衝撃の 2,102 トン!!
主婦 えーっ!信じられない!
ナレーション この数字は、全国のスーパーなどで一年間に廃棄されている量です。
そんな食品ロス問題に、私たちができること。
お買い物のときは、賞味期限・消費期限が近いものから選びませんか。
さぁみんなで、地球にスーパーいい行動を。
おじさん ご協力、毎度ありがとうございます。
CI ACジャパン

新聞広告

おむすびころりん、1億個
(マウスをのせると拡大します)