プラ島太郎(全国キャンペーン)

日本人にとって、もっとも身近な物語であり、海洋プラゴミ問題の象徴的存在である「ウミガメ」も登場する「浦島太郎」。「うら島」が「プラ島」になってしまう、そんなお話が昔話ではなく、いま実際に起きている問題であることを、NHK朝ドラ『おちょやん』のオープニングで記憶にも新しい青空亭の犬ん子さんとチャンキー松本さんによる昔話タッチのアニメーションで訴えかけます。また、歌、浦島太郎の声、ナレーションと、女優の柴咲コウさんには一人三役でご奮闘いただき、作品に力を与えていただきました。

●テーマ:海洋プラスチックゴミ問題
●広告会社:新東通信
●掲載メディア:テレビ/ラジオ/新聞/雑誌 他

テレビCM(60秒)

ラジオCM

♪〜むかし、むかし、浦島は〜
助けた亀に連れられて〜
浦島 こ、これは!!
竜宮城が“プラゴミ”だらけじゃ〜︕︕ 
♪〜乙姫様のご馳走に〜
浦島 亀さん︕それはクラゲじゃなくて
ポリ袋だから食べちゃいか〜ん︕︕
SE ザザッ〜(波打ち際の音)
浦島 はぁ。わしらが捨てたプラゴミのせいで・・
SE ザザ〜(波打ち際の音)
ナレーション 浦島太郎が“プラ”島太郎になってしまう。
そんなお話が、いま、本当に起きています。
あなたの暮らしから、考えよう。
♪〜絵にも描けないプラのゴミ〜 
CI ACジャパン
(歌/浦島太郎/ナレーション︓全て柴咲コウさん)

新聞広告

見えないフリ
(マウスをのせると拡大します)