ACジャパン広告作品アーカイブ

41 - 45 件 ( 759 件中)

制作: 2016 年度

支援キャンペーン

支援団体:メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン

制作:西広 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/ポスター/屋内外ビジョン

障がい者サッカー選手の川西健太君を起用して 「難病の子どもたちの夢をかなえる」 という団体の活動をシンプルに表現しました。「つらい闘病生活を乗り越えることができたのは、中村俊輔選手からプレゼントされたユニフォームだった」という事実を基に構成し、川西君と中村選手が初めて出会うリアルなシーンとその表情が特徴的な作品です。

制作: 2016 年度

支援キャンペーン

支援団体:鎮守の森のプロジェクト

制作:読売広告社 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/ポスター/屋内外ビジョン/シネアド

テレビCMの冒頭カットは、岩手県大槌町にある 「天照御祖神社(あまてらすみおやじんじゃ)」 です。鎮守の森がこの神社を東日本大震災の大津波から守ったという事実、そしてこれは先人の知恵であり、本プロジェクトが手がけている活動も、未来の「鎮守の森」作りを目指しているのであるということを伝えていきます。

制作: 2016 年度

AC・NHK共同キャンペーン

テーマ:「 いじめ 」

制作:電通 

掲載メディア: テレビ

作品テーマは「いじめ」。いじめが原因で若い命が失われるという悲しいニュースが跡を絶ちません。いじめに苦しむ人が死に向かわないように、「いじめ」を見ても何もできない、助けられないと思っている人へ向けてメッセージを発信します。「SNS を使って相談にのる」という具体的なアクションを提示し、行動してもらうことを目指しました。

制作: 2016 年度

ACジャパン広告学生賞

テーマ:「 環境保全 」

制作:東京藝術大学 

掲載メディア: テレビ

生活に欠かせない存在になっているプラスチック、しかしそれは人間の世界だけの話し。地球規模で見れば、必ずしも単に便利なだけではなく、使い方によっては環境を脅かす存在でも有るという一面も見えてきます。水彩絵画のような美しい表現で、そんな「気づき」を見る人に与えてくれる作品です。

制作: 2016 年度

ACジャパン広告学生賞

テーマ:「 セクシャルマイノリティ 」

制作:同志社女子大学 

掲載メディア: テレビ

セクシャルマイノリティと左ききの人の割合はほぼ同じ7.6%と言われています。 今の時代のかかえるデリケートな問題を分かりやすく、優しく美しいトーンで表現しています。セクシャルマイノリティが身近な存在であり、LGBTについて、より多くの人に理解してもらう目的で制作された作品です。