ACジャパン広告作品アーカイブ

6 - 10 件 ( 835 件中)

制作: 2020 年度

大阪地域キャンペーン

テーマ:「 子どもの安全 」

制作:電通 関西支社 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞

大阪府は犯罪発生率全国ワーストワンを更新し続けており、近年は特に「子どもの下校時の誘拐・性犯罪」に関する痛ましい事件も多く発生しています。そこで「子どもの安全」をテーマに、具体的な対策を提案し、注意喚起を促すクリエイティブを企画。「誰もが、それぞれのやり方で、自由に参加できる見守り活動」を提案しました。
※2019年度に制作した広告を継続展開しました。
◆HaHaHa Osaka Creativity Awards2019 ファイナリスト
◆2020 60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
フィルム部門 Aカテゴリー ACC地域ファイナリスト(近畿)
◆2020 OCC(大阪コピーライターズクラブ)賞 ファイナリスト

制作: 2020 年度

中四国地域キャンペーン

テーマ:「 地域コミュニケーション 」

制作:電通西日本 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞

万が一の災害のときに、まず頼りになるのはご近所の助け合い。いざというときに助け合える関係であるためには、日ごろのお付き合いが大切です。食事会やお茶会、地域の清掃会など普段ちょっとした集まりも大切な防災活動になることを、防災に念を入れる会「防念会」と名づけてアピールしました。
※2019年度に制作した広告を継続展開しました。

制作: 2020 年度

九州地域キャンペーン

テーマ:「 備災~災害を自分事に~ 」

制作:電通九州 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/屋内外ビジョン

災害が起きたときに行動するのではなく、日々準備しておけばある程度の心構えはできます。防災グッズを準備することを、少し視点を変えて、日常で使用している「傘」で例えてみました。備災を身近な感覚で考えることができ、気持ちの面でも気負わず、日常生活の中で「いつか来る日」に備えられるのではないかと考えました。また、本キャンペーンでは「備災特設サイト」を開設し、災害に備えるための役立つ情報を公開しました。
※2019年度に制作した広告を継続展開しました。
◆第59回福岡広告協会賞 ラジオCM部門 銅賞 テレビCM15秒部門 銀賞
◆2020 60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
フィルム部門Aカテゴリー ACC地域ファイナリスト(九州・沖縄)

制作: 2020 年度

沖縄地域キャンペーン

テーマ:「 ホスピタリティ~沖縄の宝を大切に~ 」

制作:ブレーン沖縄 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞

沖縄には"思いやり、優しさ、人を気づかう心"などを表す「チムグクル(肝心)」という言葉があります。大切に受け継いでいきたいウチナーンチュの心であり、沖縄の宝です。日々の生活の中でできる小さな思いやり(ホスピタリティ)を「1日1チムグクル」というコピーで表現することで、ウチナーンチュの新しい言葉として沖縄全体にいいムードが浸透することを願っています。歌とナレーションは、沖縄出身の歌手夏川りみさんにお願いしました。
※2019年度に制作した広告を継続展開しました。
◆第38回沖縄広告協会賞 ラジオ20秒以内CM部門 銀賞 ラジオ30秒以上CM部門 金賞 テレビCM30秒以上部門 銅賞

制作: 2020 年度

支援キャンペーン

支援団体:セーブ・ザ・チルドレン・ジャパン

制作:デルフィス 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/ポスター/屋内外ビジョン

子どもをめぐる状況は改善しつつある中で、急速に事態が悪化している「紛争」。深刻な事実でも「遠くの出来事だから」となかなか自分事化できません。この企画では、走っている子どもたちのシルエットが「かけっこ」ではなく、「銃を持った兵士から逃げている」ようにも見えてきます。視点が切り替わる体験を通じて、事態への深刻さへの気づきを与えています。ナレーションは俳優の西島秀俊さんにご協力いただきました。
◆2020 60th ACC TOKYO CREATIVITY AWARDS
ラジオ&オーディオ広告部門Aカテゴリー ACCファイナリスト