Report第17回ACジャパン広告学生賞 受賞作品発表

今年で17回目となる「ACジャパン広告学生賞」はコロナ禍での開催にもかかわらず、おかげさまでたくさんの学校から
応募をいただき、「新聞広告部門」は過去最多の応募作品数となりました。

学生らしい感性で制作された公共広告はテーマや表現方法が多岐にわたり、一次・二次・最終選考と毎回白熱した
審議が繰り広げられ、厳正なる選考の末にグランプリ、準グランプリ、審査員特別賞、優秀賞、奨励賞が決定いたしました。

グランプリと準グランプリ受賞作品は、ACジャパンの広告として7月より後援社のBS8局、全国5紙で放送・掲載されます。

Review講評

皆様の後押しで例年通りの実施に

公益社団法人ACジャパン 専務理事 宮永 洋

第17回を迎えたACジャパン広告学生賞はこれまでで初めて、
例年通り実施できるかどうかが問われた回となりました。

しかしながら、様々な制約を受けながらもこの賞を目標にしている学生の皆様がいて、
こういう状況だからこそぜひ実施してほしいという先生方の声にも押されるかたちで、
今年もACジャパン広告学生賞は実施されることになりました。

結果的にはテレビCM部門・新聞広告部門ともに大変多く(新聞は過去最多)の応募を
いただき、審査過程でも審査員の皆さんを唸らせる場面が例年以上に多い力作ぞろい
となりました。

応募をいただいた皆様の情熱や前を向いて生きる意志といったものを強く感じましたし、
自分自身が励まされる思いになりました。

多くのご応募をいただき本当にありがとうございました。

プロ絶賛の作品続出

ACジャパン広告学生賞 選考委員長 高橋 謙二

コロナ禍の制約下で制作もさぞ不自由しているだろうと心配していましたが、
いざ蓋を開けてみると、とてもいい作品が数多く、選び甲斐のあるものでした。

2次選考の事前選考時などは予選を通過した数十案を何度も見返し、
昔の通信簿のように5段階評価で点数をつけていったところ、大半が4以上で最高点5に
近い作品も新聞広告とTVCMそれぞれ5作品以上ありました。

もうどれがグランプリになっても全く問題ないと思える出来映えに感動を覚えました。

今までになかった新しいテーマの発見力、そして力のある作品に仕上げていくスキルの高さに審査員一同感心しきりでした。

Winners受賞作品一覧

テレビCM部門TELEVISION COMMERCIAL

  • 35
    応募学校数
  • 244 作品
    応募作品総数
  • 25 作品
    ファイナリスト
作品一覧を見る

新聞広告部門NEWSPAPER ADVERTISING

  • 30
    応募学校数
  • 529 作品
    応募作品総数
  • 27 作品
    ファイナリスト
作品一覧を見る