ACジャパン広告作品アーカイブ

46 - 50 件 ( 709 件中)

制作: 2013 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 街に暮らす人々のつながり 」

制作:電通 中部支社 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/屋内外ビジョン

青果店のおばちゃんは、漢字の読み方を教えてくれる「こくごの先生」。鮮魚店のおじちゃんは、おつりの数え方を教えてくれる「さんすうの先生」。学校の外にもたくさんの「となりの先生」がいます。自身の暮らす街に興味を持ったり、「街の人達のよい手本になりたいな」など、自身の役割を考えるきっかけをつくりたいと考えました。

制作: 2013 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 思いやり・助け合い 」

制作:大広 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/屋内外ビジョン

大人になると、人の悪いところばかり目につきがち。でも、良いところを見ようとちょっと意識するだけで、見逃していた良いところってたくさんあるはずです。イイトコが見つかると、ほめる言葉が増えて、好きな人が増えて、毎日がもっと楽しくなる。だから、子どもたちには小さいときから、人のいいところを見るようになってほしい!そんな思いから生まれた企画です。
◆2013年度FCC賞(福岡コピーライターズクラブ) テレビ部門 FCC賞

制作: 2013 年度

広報キャンペーン

テーマ:「 AC広報活動への取り組み 」

制作:電通西日本 広島支社 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/インターネット広告/屋内外ビジョン

1971年「みんなで考えましょう。」のテーマでスタートしたAC活動。社会に発信し続けてきたACからのメッセージを、映像に重ねて構成し、未来へも変わらぬACの意志を感じてもらうことを目指しました。(歌:青葉市子さん)

制作: 2013 年度

北海道地域キャンペーン

テーマ:「 北海道を元気に 」

制作:電通北海道 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌

この北海道には、何度失敗しても純粋に夢を追いかけている若者がいます。「出来るか、出来ないか」ではなく、「やるか、やらないか」。今、北海道を元気にするには、このモチベーションが必要なのかもしれません。

制作: 2013 年度

東北地域キャンペーン

テーマ:「 東北人、日本人を元気に 」

制作:東北博報堂 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞

東京駅新駅舎に使われている宮城県・雄勝(おがつ)と登米(とめ)の瓦は、納品目前に東日本大震災で津波にさらわれ、奇跡的に発見されたもの。まさに「くじけない東北」のシンボルなのです。ふるさとの希望が人々の見上げる先に輝いていることに誇りを感じ、復興への原動力となることを願ってつくられた企画です。
◆第44回仙台広告賞 テレビ部門 特別賞