広告キャンペーン実施の流れ

    6月一般生活者アンケート調査の実施 10月 ACジャパンからのオリエンテーション 11月 広告会社からのプレゼンテーション 12月~2月 キャンペーン作品選出審査会 2月~4月 キャンペーン作品制作期間 6月 ACジャパン社員総会で承認 7月 新キャンペーンスタート

6月 一般生活者アンケート調査の実施

全国の12歳から74歳までの一般生活者を対象に、インターネットでアンケート調査を実施します。
同様の調査を個人会員にも協力いただき、ACジャパンが取り組むべき
次年度の全国キャンペーンテーマの決定に反映させます。

8月 支援団体プロジェクトの開始

毎年7月に、ACジャパンが広告支援を行う新規の支援団体を受け付けます。
支援団体は日本に拠点を持ち、公共福祉活動を行ない、ACジャパンが広告活動を支援することによって
大きな成果が予測されることが最大のポイントです。
医療、国際貢献、その他、支援団体の分野が偏らないように考慮し、支援団体プロジェクトで新規・継続団体の
審査を進めます。

支援団体実施諸規則

9月 キャンペーンテーマ・支援団体決定

一般生活者アンケート調査の結果をもとに作成された全国キャンペーンのテーマと、
支援団体プロジェクトで推薦された新規・継続団体の候補が、全国運営委員長会議によって決議され、
次年度のキャンペーンテーマと支援団体が決定されます。

10月 ACジャパンからのオリエンテーション

ACジャパンの広告制作に参加する全国の会員広告会社にむけて、次年度のキャンペーンに
ついて説明を行います。
次のキャンペーンはどういう広告を目指すのか。どんな人々に向けて発信するのか。
決定したキャンペーンテーマや広告の目的・訴求点・訴求対象・表現上の留意点など、
広告制作に関するポイントを、オリエンテーションシートに基づいて細かく説明していきます。
説明を受けた広告会社は、全国・地域・支援すべてのキャンペーンについて、企画案を考えます。

11月 広告会社からのプレゼンテーション

オリエンテーションを受けた広告会社は、一カ月半の調査・企画期間を経て、
すべてのキャンペーンのテレビCMや新聞などの企画案を制作します。
広告会社は、制作した企画案の説明を自地域で開催される運営委員会・制作部会に対して行い、
その後、審査の過程へと進んでいきます。

プレゼンテーション参加広告会社

12月~2月 キャンペーン作品選出審査会

全国の広告会社から提案された企画案は、すべてのキャンペーン合わせると950案にもなります。
まずは8地区で審査会が行われ、その後、全国の審査会へと進み、徐々に企画案が絞り込まれていきます。
「ACジャパンが取り上げるにふさわしい表現か」「人の心を動かす力がある企画か」「問題解決への方向性が見えるか」など一定の審査基準を設定し、公共広告としてふさわしい作品を選出していきます。
全国最終審査会では、ACジャパンの活動の公開性を明確にするため、外部の有識者にも審査参加を依頼、全国8地区の運営委員長と合わせて12名で最終審査が行われ、それぞれのキャンペーンの企画案が決定されます。

2月~4月 キャンペーン作品制作期間

企画が決定すると、いよいよ実際の制作に入ります。
広告会社は企画に基づき、映像やコピーなどの表現を具体的にしながら、出演者や撮影場所などの詳細を決めていきます。
撮影が終了すると、編集やレイアウトデザインなどを経てテレビや新聞・雑誌などの広告としての形になります。

6月 ACジャパン社員総会で承認

制作したすべてのキャンペーン作品が社員総会の場で紹介され、承認を受けます。

7月 新キャンペーンスタート

様々なプロセスを経て、ようやく7月1日から新キャンペーンがスタートです!
テレビCM・ラジオCM・新聞・雑誌・ポスターなどさまざまなメディアに新しいACジャパンの広告が
発信されることになります。