ACジャパン広告作品アーカイブ

91 - 95 件 ( 736 件中)

制作: 2013 年度

支援キャンペーン

支援団体:ウイルス肝炎研究財団

制作:電通 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/ポスター/屋内外ビジョン

「すぐに肝炎検査を受けてほしい」というメッセージをストレートに表現。病気の怖さや不安感をやわらげるために、肝臓を擬人化したアニメーションを使い、ソフトなイメージに仕上げました。

制作: 2013 年度

AC・NHK共同キャンペーン

テーマ:「 公共マナー 」

制作:NHK/読売広告社 

掲載メディア: テレビ

生活の中にスマートフォンが浸透するにつれ、必要になっているのが「公共マナー」。作品では、スマホ利用時には、周囲へのちょっとした思いやりや気配りが必要であることを訴求しました。

制作: 2013 年度

ACジャパンCM学生賞

テーマ:「 スマートフォン使用注意呼びかけ 」

制作:東京工芸大学 

掲載メディア: テレビ

ここ数年、スマートフォンの普及により問題視されている“ながらスマホ”。
CMでは、多くの人がやってしまいがちな“ながらスマホ”の危なさを、大げさに表現。二宮金次郎を題材に、もし金次郎が、本ではなくスマートフォンを持っていたらというコンセプトで表現しました。

制作: 2013 年度

ACジャパンCM学生賞

テーマ:「 自分の子どもに対する親の無関心 」

制作:文星芸術大学 

掲載メディア: テレビ

一般社会では、自分が親だという事に、無自覚、無関心な人がいます。
作品では、「子どもへの無関心が、彼らに悪影響を及ぼすこと」を伝えるために、インターネットに夢中な親と、親の気を引こうとする子どもの姿を描くことで表現してみました。

制作: 2012 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 思いやり・助け合い 」

制作:仙台博報堂 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/屋内外ビジョン

「思いやり」は、行き過ぎればおせっかい、何もしなければ無関心になってしまう。作品では、その難しいテーマを、算数の四則をアイデアに「おもいやり算」を使うと、誰もが笑顔になれると提案しました。
◆第66回広告電通賞 テレビ公共部門 優秀賞
◆第53回消費者のためになった広告コンクール 雑誌広告部門公共広告ブロック 金賞