ACジャパン広告作品アーカイブ

71 - 75 件 ( 736 件中)

制作: 2014 年度

ACジャパンCM学生賞

テーマ:「 食べ残し 」

制作:日本大学芸術学部 

掲載メディア: テレビ

日本は世界の中でも特に食べ残しが多い国と言われています。「食べ残して廃棄している食べ物は、寄せ集めると誰かの一食分になる」という事を思いつき、学生が身近な学食というシチュエーションで分かりやすく表現しました。

制作: 2014 年度

ACジャパンCM学生賞

テーマ:「 若者の選挙離れ 」

制作:日本大学芸術学部 

掲載メディア: テレビ

若者の選挙離れというテーマを軽快な音楽とセリフ、カットで構成したユニークな作品。多くの若者や学生が共感できる身近な“1”の大切さで興味を誘い、その1と選挙の1票をかけて、改めて1票の重みを考えてもらうことを意図しています。

制作: 2013 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 街に暮らす人々のつながり 」

制作:電通 中部支社 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/屋内外ビジョン

青果店のおばちゃんは、漢字の読み方を教えてくれる「こくごの先生」。鮮魚店のおじちゃんは、おつりの数え方を教えてくれる「さんすうの先生」。学校の外にもたくさんの「となりの先生」がいます。自身の暮らす街に興味を持ったり、「街の人達のよい手本になりたいな」など、自身の役割を考えるきっかけをつくりたいと考えました。

制作: 2013 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 思いやり・助け合い 」

制作:大広 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/屋内外ビジョン

大人になると、人の悪いところばかり目につきがち。でも、良いところを見ようとちょっと意識するだけで、見逃していた良いところってたくさんあるはずです。イイトコが見つかると、ほめる言葉が増えて、好きな人が増えて、毎日がもっと楽しくなる。だから、子どもたちには小さいときから、人のいいところを見るようになってほしい!そんな思いから生まれた企画です。
◆2013年度FCC賞(福岡コピーライターズクラブ) テレビ部門 FCC賞

制作: 2013 年度

広報キャンペーン

テーマ:「 AC広報活動への取り組み 」

制作:電通西日本 広島支社 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/インターネット広告/屋内外ビジョン

1971年「みんなで考えましょう。」のテーマでスタートしたAC活動。社会に発信し続けてきたACからのメッセージを、映像に重ねて構成し、未来へも変わらぬACの意志を感じてもらうことを目指しました。(歌:青葉市子さん)