ACジャパン広告作品アーカイブ

51 - 55 件 ( 736 件中)

制作: 2014 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 人と人の、温かい心を育もう /大人をターゲットに 」

制作:電通名鉄コミュニケーションズ 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌

大人になると子どもの時のようにはあまり褒められません。けれど、褒められるとやる気になったり、自信が持てたりします。それはきっと、自分の頑張りをちゃんと見てくれていた人がいるって気づくことができるからなのではないでしょうか。毎日「あたり前」に頑張っている大人こそ、もっと褒めようとシンプルなメッセージで訴えました。

制作: 2014 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 人の気持ちになって考えることの大切さ /子供をターゲットに 」

制作:サン・アド 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌

空想や夢を見るときに使う想像力も、人の悲しみや痛みを想像する力も、ほんとうは同じものなのでは?という考えから生まれた企画です。子どもたちみんなが元々持っていて、大人よりもずっと豊かに使いこなしている想像力を、人の気持ちにも使ってみよう、というメッセージを、少年が次々と変身していくストーリーに込めました。

制作: 2014 年度

広報キャンペーン

テーマ:「 AC広報活動への取り組み 」

制作:電通西日本 広島支社 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌

1971年「みんなで考えましょう。」のテーマでスタートしたACジャパンの活動。社会に発信し続けてきたACからのメッセージを映像に重ねて構成し、未来へも変わらぬACの意志を感じてもらうことを目指しました。(歌:青葉市子さん)
※前年より継続

制作: 2014 年度

北海道地域キャンペーン

テーマ:「 人と人との、温かい心を育もう。 」

制作:東急エージェンシー北海道支社 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌

アイヌ民族の教えには、自然とともに生きる原点があります。なかでも、「ウレシパ = 育てあう」という意味の言葉。これは、人と人がお互いの存在を大切に想い、育み、育てあうことが出来るという意味があります。この「ウレシパのこころ」は、北海道に住む人々にとって、人にとって、最も大切な教えではないでしょうか。自然に恵まれた北海道だからこそ、人と人、人と自然の関係はもっと豊かになれることをメッセージに込めました。

制作: 2014 年度

東北地域キャンペーン

テーマ:「 生きる事の意味・復興のエール 」

制作:電通東日本 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞

パラリンピック代表の佐藤真海さんは気仙沼出身。東京オリンピックへのプレゼンテーションは「人と人との温かい心」を世界の人に伝えました。そのメッセージを生んだのは、育ててくれた地域をはじめ、周りの多くの人達の支えです。「支え合う力」の大切さを訴え、復興半ばの被災地へ夢と希望を与えたい。そんな願いを込めた企画です。
◆第45回仙台広告賞 テレビ部門 特別賞