第13回ACジャパン広告学生賞 テレビCM部門 準グランプリBS民放賞受賞作品
チキンの一生

私たちは別の生き物の命を奪って生きています。豊かになった現代ではその有り難さが薄れ、毎日のように大量の食糧を廃棄しています。この作品では、人間に食べられるために育てられ、食べ残されれば捨てられてしまうチキンの一生を、クレイアニメーションを用いてユーモラスかつ強いメッセージ性をもって描いています。「食べ残し」という行為の残虐さを改めて認識してもらいたいという制作者の想いが伝わる作品です。

●テーマ:食べ残し
●制作:京都精華大学
●掲載メディア:テレビ

テレビCM