ACジャパン広告作品アーカイブ

26 - 30 件 ( 736 件中)

制作: 2016 年度

臨時キャンペーン

テーマ:「 被災地支援 」

制作:電通九州 

掲載メディア: テレビ

2016年4月14日・16日の「熊本地震」は、熊本県大分県に多くの被害をもたらしました。そんな中、漫画家のみなさんが主にTwitterで熊本のご当地キャラクター「くまモン」の絵を描いて励まそうという「#くまモン頑張れ絵」運動を展開しました。ACジャパンでは九州の会員社からの提案で急遽この運動の絵を使用したCMを制作し、子どもたちや被災地のみなさんに向けて発信しました。
※熊本・大分の2県にて放送

制作: 2016 年度

臨時キャンペーン

テーマ:「 被災地支援 」

制作:電通九州 

掲載メディア: テレビ

2016年4月14日・16日の「熊本地震」は、熊本県大分県に多くの被害をもたらしました。そんな中、漫画家のみなさんが主にTwitterで熊本のご当地キャラクター「くまモン」の絵を描いて励まそうという「#くまモン頑張れ絵」運動を展開しました。ACジャパンでは九州の会員社からの提案で急遽この運動の絵を使用したCMを制作し、子どもたちや被災地のみなさんに向けて発信しました。
※熊本・大分の2県にて放送

制作: 2015 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 公共心 」

制作:東北博報堂 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/屋内外ビジョン

見ず知らずの人同士が集まる公共の場ではさまざまな「イライラ」の種があります。街の機嫌は壊れやすいもの。ちょっとしたことが許せる気持ちが世の中に少し足りていないかもしれません。幅広い世代から共感を集めている相田みつをさんの詩を引用し、公共の場においておおらかな気持ちでいることの大切さをメッセージしました。

制作: 2015 年度

全国キャンペーン

テーマ:「 人の気持ちになって考えることの大切さ /子供をターゲットに 」

制作:サン・アド 

掲載メディア: テレビ/ラジオ/新聞/雑誌/屋内外ビジョン

空想や夢を見るときに使う想像力も、人の悲しみや痛みを想像する力も、ほんとうは同じものなのでは?という考えから生まれた企画です。子供たちみんなが元々持っていて、大人よりもずっと豊かに使いこなしている想像力を、人の気持ちにも使ってみようというメッセージとともに、少年が次々と変身していくストーリーに込めました。
※2014年度に制作した広告を継続展開しました。

制作: 2015 年度

広報キャンペーン

テーマ:「 ACジャパンの認知・理解促進 」

制作:電通 中部支社 

掲載メディア: 新聞/雑誌

ACジャパンの広告を目にしたことがあっても、「ACジャパンについて」 詳しく知っている方は少ないのではないでしょうか。広告を通して世の中をよりよくするという目標のもと、ACジャパンでは多くの民間企業・団体が規模も競合も関係なく協力しています。その姿をACジャパンのロゴを通してビジュアル化し、多くの人にACジャパンの活動を知っていただくことを目指しました。